【イルミナティカード】Population Reductionの詳細と都市伝説まとめ【人口削減】

都市伝説

Illuminati card「Population Reduction(ポピュレーション リダクション)」

今回はイルミナティカードに含まれる「Population Reduction」のカードについてご紹介しようと思います。

その他のカードについては随時こちらにまとめていますので、合わせてみていただければなと思います。

また、秘密結社イルミナティについては以下の記事にて紹介しているので、こちらも興味があれば見ていただければなと思います。

カード紹介

イラスト

イラストはこのような形になっています。

カード説明

Population Reduction
“Too many people making too many problems, and not enough love to go ‘round…”
-Genesis

Destruction of up of three Huge Places counts as two groups each toward your Basic Goal(or as two destroyed groups each for Cthulhu), but you may not count any other destroyed groups toward that goal.(And remenber, no matter what, you can only count three cards double toward your Basic Goal.)
However, if you can destroy five Huge Places with-out recourse to World War Ⅲ, you may claim victory on that basis alone!

日本語訳

人口削減
「あまりにも多くの人があまりにも多くの問題を抱えており、回るのに十分な愛がない…」
-ジェネシス

最大3つの巨大な場所の破壊は、それぞれ基本目標の2つのグループとしてカウントされます(またはクトゥルフの場合はそれぞれ2つの破壊されたグループとしてカウントされます)。しかし、他の破壊されたグループをその目標にカウントすることはできません。基本目標に向けて2枚のカードを2枚だけ数えます。)
ただし、第3次世界大戦に頼らずに5つの巨大な場所を破壊できる場合は、それだけで勝利を主張できます!

都市伝説「中国の人口削減」

一人っ子政策の弊害「少子高齢化」

ご存知の通り、中国といえば人口増加が深刻な社会問題となっています。

中国国家統計局は、特別行政区の香港、マカオ、そして台湾を除いた中国の人口が2019年末までに前年同時期比で467万人増加し、14億人を超えたと発表した。2018年は530万人増の13億9008万人だった。中国の人口 14億人を突破 出生率は建国以来最低 – Sputnik 日本

昨年にはついに14億人を突破したと報じられました。
人口減少が止まらない日本とは真逆です。

食料問題などの解決のために、一時期は「一人っ子政策」という施策が行われ人口増加を一時的に食い止めることは成功しました。

しかし、その結果新しい労働力が減り支えなければならない年配者が増え、結果として少子高齢化社会を生み出す結果となり、全く別の新しい問題が生まれてしまったというのも事実です。

生物兵器による人口操作との噂

そこで中国は高齢者にのみ深刻な症状を発生させるウィルスを意図的に開発し、中国内に広げたのでは?という噂が広がり始めました。

実際に、2020年に世界的に流行したコロナウィルスは中国で発生し世界へ広がりました。

また、感染者自体は老若男女問わず広がっていますが、死者に関しては明らかに年配の方を中心に広がっています。


高齢者の致死率が高いのは明らかだ。30歳以下の致死率はゼロだが60〜69歳では4.4%、70〜79歳は13.5%、80〜89歳は20.9%、90歳以上は22.5%になっている。ちなみにこのデータは20日時点のもので、この時点でのイタリア全体の致死率は7.6%だったため、現時点ではこれらの数値はさらに上昇している公算が大きい。新型コロナで致死率9.3%のイタリア、オーバーシュートの脅威:日経ビジネス電子版

また、今回のコロナウィルスパンデミックについては他のイルミナティカードでも予言されていると言われています。

中国発の異常なパンデミック、不自然なまでの高齢者の死亡率、意図的に人口操作を行ったのでは?と疑ってしまうのも仕方ないだろう。