【イルミナティカード】Enough is Enoughの詳細と都市伝説まとめ【トランプ大統領】

都市伝説

Illuminati card「Enough is Enough(イナフ イズ イナフ)」

今回はイルミナティカードに含まれる「Enough is Enough」のカードについてご紹介しようと思います。

その他のカードについては随時こちらにまとめていますので、合わせてみていただければなと思います。

また、秘密結社イルミナティについては以下の記事にて紹介しているので、こちらも興味があれば見ていただければなと思います。

カード紹介

イラスト

イラストはこのような形になっています。

カード説明

Enough is Enough
At any time, at any place, our snipers can drop you Have a nice day.
Play this card on your own turn, before drawing any Plots. You may remove all Zap, Paralysis or Attribute Freeze cards that are affecting your Power Structure, However, preoccupied with your house cleaning, you may draw no Plots this turn.

日本語訳

いい加減にしろ
いつでも、どこでも、狙撃兵があなたをドロップすることができます。良い一日を。
プロットを引く前に、自分のターンにこのカードをプレイしてください。パワーストラクチャーに影響を与えるすべてのザップ、麻痺、または属性フリーズのカードを取り除くことができますが、ハウスクリーニングに夢中になっているため、このターンはプロットを描画できません。

都市伝説「トランプ大統領当選」

イラストが瓜二つ

イルミナティカードの中には、実在する人物を模したカードが複数枚存在しますが、その中でもダントツで瓜二つなのがこのカードです。

一目見てアメリカのドナルドトランプ大統領だと分かりますね。

これはドナルド・トランプ氏が世界的に重要な人物になる事を示していると言われています。

また、イルミナティカードにはアメリカ大統領選で争ったヒラリークリントン氏も描けれているので、2016年の選挙の争いは元から仕組まれてものだったとも言われています。

ホームアローン2とバックトゥーザフューチャー2との関係性

さらに、1989年に公開されたバックトゥーザフューチャー2では悪役のビフ・タネンはトランプ氏をモデルとして脚本したとも公表されています。

トランプ氏は当時から不動産王として巨大な富を築き上げていましたので、モデルにされたのでしょう。

また、トランプ氏は大統領になる前に1992年公開のホームアローン2に出演しています。

このように、トランプ氏は昔から世間から注目を浴びた存在となっています。

そして、イルミナティカードにも描かれていることからアメリカ大統領になることは決まった筋書きだったのかもしれません。