【イルミナティカード】Monopolyの詳細と都市伝説まとめ【石油王ロックフェラー】

都市伝説

Illuminati card「Monopoly(モノポリー)

今回はイルミナティカードに含まれる「Monopoly」のカードについてご紹介しようと思います。

その他のカードについては随時こちらにまとめていますので、合わせてみていただければなと思います。

また、秘密結社イルミナティについては以下の記事にて紹介しているので、こちらも興味があれば見ていただければなと思います。

カード紹介

イラスト

イラストはこのような形になっています。

カード説明

Monopoly
This card may be played at any time, and counts as the action for the group it affects. The increased Power takes effect immediately.
The Power for one Corporate group is increased to 6. Link this card to your chosen Corporate group.
No Player may have more than one Monopoly in play.

日本語訳

独占
このカードはいつでも使用でき、影響するグループのアクションとしてカウントされます。増加したパワーはすぐに有効になります。
1つの企業グループのパワーが6に増加します。このカードを選択した企業グループにリンクします。
プレイヤーは複数のモノポリーをプレイすることはできません。

都市伝説「石油市場独占・ロックフェラー財団」

このカードのタイトルは「独占」を意味するMonopolyとなっており、イラストはオイル工場を独占しているようにも見られます。

陰謀論においてオイル市場といえば、アメリカのロックフェラー財団ですね。

ロックフェラー財団(ロックフェラーざいだん、英:Rockefeller Foundation)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本部を置く民間の慈善事業団体である。慈善団体ランキングでは世界最大規模であり、世界で最も影響力があるNGOの1つに数えられている。2009年時点で、基金は33億ドルに上る。

アンドリュー・カーネギーの著書に影響され、フィランソロピーを始めた石油王で大富豪のジョン・ロックフェラーにより1913年に設立された。活動目的として「人類の福祉の増進、教育」を挙げている。アフリカで緑の革命を主導。戦前はナチスの関係者に資金提供を行っていた[3]。ロックフェラー財団 – Wikipedia

ロスチャイルドと肩を並べる世界の富裕一族で、巨大な富を使って多くの物事を操作しているとも言われています。

あからさまにロックフェラー財団をテーマとしたイルミナティカードがあるという事は、やはりイルミナティと深い関わりがあるという事でしょうか。